卒研配属イベント1

1次ですね…

今年度からは少し慎重に受け入れを検討していきます.

ちょっと方向性も考えていかねばならないし.
論文を出すのは意外と大変です…

問題はこれですね.
1. 実験数
2. 正確さ
3. 継続性

全部を学生1人で備えていないと,完結しないのです.
何人かで補完しあうものではない.

とりあえず,土台が出来上がったものは,時間が解決してくれるでしょう…
土台を作るまでに,かなり手間取ります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です