Research

2007年〜現在:隣接原子との軌道相互作用による反応点の制御

協同作用

隣接原子間の軌道相互作用に基づく反応点の求核性,求電子性の変化に基づき,原子の外殻電子状態の制御による元素機能発現の開発に取り組んでいます.

 

なお,2015年あたりまでの成果は,こちらにまとめて報告しています.

2011年〜現在:鋭意検討中

以下,現行メンバーにて成果が出つつあり.詳細は,論文発表後に公開.

1. 多核金属クラスターの開発と触媒反応
2. 多核金属錯体触媒の開発と触媒反応
3. 新規アリル化法の開発
4. 機能性材料開発のためのプラットフォーム合成
5. その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です